園長からのご挨拶 園長からのご挨拶

2019開園

園長からのご挨拶

おくどスマイル保育園は、自然豊かな葛飾区奥戸の地に、平成31年4月1日に開園した0~5歳児102名定員の認可保育園です。

保育園の開設にあたっては、法人設立者が地域事業の一環として「子どもたちが安心して楽しく過ごせる場所の確保を保障し、未来を担う子どもの健やかな育ちを支えたい」という強い思いで開設を決意されたと聞いています。

私たち職員は、その意志を尊重し、保育理念に『豊かな人間性と生きる力の芽を育む』を掲げ、「受け止める保育」「支える保育」「待つ保育」を保育方針として理念の実現に向けて日々保育を実践している段階です。

園の特色として、第一に斜め向かい側にある同法人運営のスマイルホーム西井堀(特別養護老人ホーム)との連携により、交流が容易に実施できることでお年寄りとの触れ合いを大切にし、優しい気持ちや思いやりの気持ちが育つことに繋がっています。

第二は、食育活動として農業体験ができる環境が整っていることです。園のすぐ隣の畑の一部をお借りして、さつまいもやじゃがいもを中心に、その他の野菜栽培に挑戦しています。子どもたちは、保育者と一緒に苗の植え方や種の蒔き方、収穫時期など、畑活動に関する知識を「畑の先生」と慕っている法人常務理事の指導を受けながらすすめているのですが、緊張する中にも期待に目を輝かせ、真剣に苗を植えたり種を蒔いたりする姿、収穫時の満面の笑みなど、どれもその表情を見せる瞬間は最高です。

収穫した野菜は、お土産として持ち帰ったり、給食で提供したりしますが、自分達で土から掘り出した野菜には特別の思いがあり、いつも以上に美味しそうに口に運ぶ姿があちこちで見られるのです。

一連の畑の活動を通して伝えたいことの中に、物を粗末にしないということも含まれます。畑の土にも野菜にも、それぞれ命があり、土の中で栄養を摂って大きくなった野菜を調理し、いただく。そこには畑の手入れをし、野菜を育てる人や調理をする人の存在があることに気づいて感謝しながら食べることや、残さず食べることで物を大切にする心が育つことも願っています。

子ども主体の保育が叫ばれて久しいのですが、保育者にとって「子ども主体の保育」を実現・達成することは、たやすいことではありません。子ども自らが育とうとする力を信じ、“いつでもここで見ているから大丈夫よ”というメッセージを発信し続け、根比べをしながら焦らずゆっくり歩いています。

ということで、3歳未満の間は、周りの大人の深い愛情を受けて過ごし、幼児進級後は一人ひとりが自信をもって様々なことに挑戦する意欲が湧くように育ってほしいのです。

教育面で取り入れているリトミックと英語のレッスンに関しては専門の講師の指導のもと、2歳以上のクラスで取り組んでいますが、この特育の時間も強制で行なうのではなく、その日、その子の様子を見ながら、すすめる方法で対処しています。あくまでも無理強いはしません。広々とした空間で、子どもも大人も自分のしたいこと、やりたいことを見つけられたら、どんなに素晴らしいことでしょう。

笑顔と歓声のあふれる開かれた園として、利用者に限らず、地域の未就園児やご高齢の皆様にも気軽に足を運んでいただけるような催しも考えていきますので、是非遊びに来てください。地域に根差した園としての役割を十分に果たせるよう、職員一同、努力して参ります。

まだ先の見えないコロナ禍の最中で、保護者の皆様には不安もあると思いますが、子どもの安全を第一に考え、対策を講じていきますので、引き続きご理解とご協力をお願い致します。

園長 前田 美枝子